VR ニュース

東急リバブル、VRで物件情報を提供する「VR内見」を導入

投稿日:

東急リバブル、VRで物件情報を提供する「VR内見」を導入

東急リバブル株式会社が、同社の賃貸仲介店舗の一部にてナーブ株式会社が提供するVRで不動産内見・接客ができるシステム「VR内見」を導入した。

東急リバブル、VRで物件情報を提供する「VR内見」を導入

「VR内見」は、VR接客端末「CREWL(クルール)」を利用し来店者に物件をVRで内見してもらうシステム。室内を移動しながら周囲全方向の空間をリアルに閲覧でき、現地にいるような感覚で物件の様子を見ることができる。店舗に居ながら複数物件を内見できるため、賃貸物件を探している借主と、不動産仲介代理店の双方にとって効率的な部屋探しが行える。
「VR内見」を導入した店舗は以下の3店舗になる。

(導入店舗)
青葉台センター(賃貸)
〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台1丁目10-1 青葉台東急スクエアNorth-4 1階

三軒茶屋センター(賃貸)
〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1丁目38-7 フォーラムN&N2階

横浜センター(賃貸)
〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1丁目1-8 エキニア横浜3階(EQUINIA YOKOHAMA

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.