LINEの”自撮り”専用カメラアプリ「B612」、全世界累計3億ダウンロードを突破

 

LINEの”自撮り”専用カメラアプリ「B612」、全世界累計3億ダウンロードを突破

LINE株式会社が、自撮り専用カメラアプリ「B612」(iOS/Android)の全世界累計ダウンロード数が、サービス公開から約2年5ヶ月となる2017年1月29日時点で3億件を突破したと発表した。

LINEの”自撮り”専用カメラアプリ「B612」、全世界累計3億ダウンロードを突破

「B612」は、多彩なフィルターを使用して自分好みの写真や動画を撮影することができるカメラアプリ。顔認識することで様々なエフェクトが楽しめる350種類以上の「アニメーションフィルター」をはじめ、写真に合わせて色や明るさをフリックひとつで切り替えられる「カラーフィルター」や多数の写真を組み合わせられる「コラージュ機能」など、“自撮り”を撮るために最適な機能を有している。また、2016年12月にはデバイスのジャイロセンサーによって方向や角度を認識し、カメラ越しに幻想的な空間を生み出す「ARフィルター」を新たに追加した。
同社によれば、2014年8月のサービス開始以降、世界的な”自撮り文化”の広がりと相乗しアジア・中南米・東ヨーロッパ地域を中心に利用者が拡大したとのことで、2015年には世界3大デザイン賞のひとつ「レッドドット デザイン賞:コミュニケーションデザイン 2015」で最高賞となる「Best of the Best」を受賞。最近では日本をはじめ、中国・インドネシア・ベトナムなどのアジア地域やブラジル・メキシコなどの中南米で利用者が増加し、Google Playの写真カテゴリーでは世界34ヶ国・App storeの写真カテゴリーでは世界41ヶ国で1位を獲得している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket