VR ニュース

ワン・トゥー・テン・ホールディングス、パラスポーツVRエンターテイメント「CYBER WHEEL」を発表

投稿日:

ワン・トゥー・テン・ホールディングス、パラスポーツVRエンターテイメント「CYBER WHEEL」を発表

株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングスが、パラスポーツの一つである車椅子マラソンやレースを体験できる車椅子型VRレーサー「CYBER WHEEL」を開発した。

ワン・トゥー・テン・ホールディングス、パラスポーツVRエンターテイメント「CYBER WHEEL」を発表

「CYBER WHEEL」は、株式会社ミキより提供されたのロードレース用車椅子「SPEED KING」を参考に設計されたマシンとVRヘッドマウントディスプレイにより車椅子を使用したパラスポーツを体感できるVRエンターテイメント。コントロールはマシンのハンドリムで行い、パラスポーツのトップ選手と同様のスピードを追体験できる。同社では本来エキサイティングで激しいスポーツであるパラスポーツをエンターテイメントというかたちで伝え、体験会などを日本中で容易に実施したいという思いからこの商品を開発したという。概要は以下のとおり。

ワン・トゥー・テン・ホールディングス、パラスポーツVRエンターテイメント「CYBER WHEEL」を発表
■仕様:
・全長:2150mm 幅 820mm 高さ 630mm
・重量:45kg
・乗車定員:1名
・ボディカラー:マットダークグレー、グロスダークグレー、ウレタン樹脂塗装仕上げ
・シート:グラスファイバー製
・タイヤ&ホイール:グラスファイバー製、前輪 16インチ 後輪 26インチ

■特徴:
・5つのステージを駆け抜けるタイムトライヤル。
・車椅子型の専用コントローラーを採用。
・体感スピードは、世界のロードレースと同じ速さを再現。
・パラ選手のトップ選手のスピードを追体験可能。

■使い方:
・車体に乗り、VRを装着。
・前傾姿勢になり、車輪についたハンドリムを手で回す。
・VR内の画面を進むことができる。

■商品について:
実際のロードレース用車いす「SPEED KING」を車椅子メーカー株式会社ミキさまにご提供いただき、設計の参考にしています。
機体は、FRP製のオリジナルボディ。空力等を考慮し、実際の未来の姿としての車椅子をデザインしました。
※開発を行ったのはワントゥーテン及び株式会社スポーツイズグッド(以下、SIG)です。

■備考:
小学生(12歳)以下の方は、VRの装着ではなく、モニターを見ながらのトライアルをお願いしています。

ワン・トゥー・テン・ホールディングス、パラスポーツVRエンターテイメント「CYBER WHEEL」を発表

ワン・トゥー・テン・ホールディングス、パラスポーツVRエンターテイメント「CYBER WHEEL」を発表

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.