ロボットスタート、ヴイストンと資本提携

 

ロボットスタート、ヴイストンと資本提携

ロボットスタート株式会社が、ヴイストン株式会社と資本提携契約を締結した。

ヴイストンはロボット関連製品の開発・製造・販売やロボット関連イベントの企画・実施、全方位センサー関連製品やセンサーネットワーク関連製品の開発・製造・販売を手掛けている企業で、最高技術顧問にはロボット工学研究者で大阪大学特別教授の石黒浩氏が就任している。
今回の資本提携はロボットスタートの第三者割当増資をヴイストンが引き受ける形で行われた。ロボットスタートでは今後さらに密接にロボットプラットフォームの企画・開発、デベロッパーサポートなどの業務を共同で行っていくことを通じて、ヴイストンが開発した普及型社会的対話ロボット「Sota(ソータ)」を始めとしたコミュニケーションロボットのより一層の普及を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket