アプリ ゲーム ニュース

ヤマハ、UnityでVOCALOIDを使ったコンテンツを制作できる開発キット「VOCALOID SDK for Unity」を公開

投稿日:

ヤマハ、UnityでVOCALOIDを使ったコンテンツを制作できる開発キット「VOCALOID SDK for Unity」を公開

ヤマハ株式会社が、ゲーム開発エンジン「Unity」上でVOCALOIDを利用したインタラクティブコンテンツを開発できるソフトウェア開発キット「VOCALOID SDK for Unity」を公開した。

ヤマハ、UnityでVOCALOIDを使ったコンテンツを制作できる開発キット「VOCALOID SDK for Unity」を公開

ヤマハはUnity Japanと共にUnity上でVOCALOIDの歌声を利用した音楽ゲームやインタラクティブなコンテンツを開発できるようにするための合同プロジェクト「Unity with VOCALOID」に取り組んできた(2015年12月に当初発表のプロジェクト名「VOCALOID for Unity」から「Unity with VOCALOID」に改名)。「VOCALOID SDK for Unity」はこのプロジェクトの成果の一つで、Unityの開発環境からシームレスにVOCALOIDの歌声合成エンジンにアクセスし、その機能を利用することを可能にする開発キット。これを使用することで、開発者はゲームのシチュエーションやユーザーの操作に連動してリアルタイムに歌声を合成し、キャラクターに歌を唄わせたり、その歌い方を変化させたりするようなインタラクティブなコンテンツを容易に開発することが可能となる。また、「VOCALOID SDK for Unity」にインポートすることで、コンテンツ上の歌声音源として利用できるUnity Japan公式キャラクターである「ユニティちゃん」のオリジナル歌声ライブラリ「Unityランタイム版VOCALOID Library unity-chan!」も併せて提供される。なお、「VOCALOID SDK for Unity」および「Unityランタイム版VOCALOID Library unity-chan!」は、制作されるコンテンツが「ユニティちゃんライセンス条項」に準拠する場合に無償で利用できる。

-アプリ, ゲーム, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.