ニュース 仮想通貨

DMMふるさと納税、リリースから16日で寄附金額総額が5300万円を突破

投稿日:

DMMふるさと納税、リリースから16日で寄附金額総額が5300万円を突破

株式会社DMM.comが、地方自治体に「ふるさと納税」をすることでDMMの仮想通貨「DMMマネー」がもらえる新サービス「DMMふるさと納税」の寄附金額の合計が、2月28日(土)時点で5300万円を突破したと発表した。2月12日(木)のサービス開始からわずか16日での達成となった。

「ふるさと納税」は、任意の自治体への寄附額に応じて特典として特産品や旅行券等を受けることができる仕組みで、2,000円以上の寄附を行った場合、寄附金のうち2,000円を超える部分について一定限度額まで原則として所得税・個人住民税から控除される。
DMM.comは1999年に石川県加賀市でサービスを開始したことから、加賀市発祥企業として加賀市と協力し「DMMふるさと納税」を提供開始。DMM.com公式サイト上から同自治体に寄附すると、寄附額の50%分のDMMマネーが特典として贈呈される。
同社によれば1,400万人以上のDMM.comのユーザーを中心に、幅広いメディアに取り上げられたことも起因し、2月の寄附申し込み数及び寄附金額も大きく伸長したという。

DMMふるさと納税、リリースから16日で寄附金額総額が5300万円を突破

特に「刀剣乱舞」「艦隊これくしょん」といったDMM.comオンラインゲームのユーザーの寄附金申し込みが多く、1件あたりの寄附金額分布では10,001円~50,000円の寄附申込件数が65%を占めており、50,001円~100,000円の寄附申し込み件数が15%となっているとのこと。

-ニュース, 仮想通貨
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.