ゲーム ニュース

ガンホー米支社、新たなゲーム開発のためインディゲームディベロッパーの17-BITと提携

投稿日:

ガンホー米支社、新たなゲーム開発のためインディゲームディベロッパーの17-BITと提携

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の米支社であるGungHo Online Entertainment America, Inc.(ガンホーアメリカ)が、新作ゲームの開発のため同国シアトルに拠点を置くインディゲームディベロッパーの17-BITと業務提携を行ったと発表した。

ガンホー米支社、新たなゲーム開発のためインディゲームディベロッパーの17-BITと提携

17-BITは、かつて株式会社セガに在籍していたJake Kazdal氏によって2009年に設立されたゲームディベロッパー。コンソール/PC/スマートフォンと様々なプラットフォームに対応したタイトルを開発しているのが特徴で、海外では同社のデビュー作であるターン制ストラテジーゲーム「Skulls of the Shogun」で知られており、現在は第二弾タイトルとなるシューティングゲーム「Galak-Z: The Dimensional(宇宙戦士ガラクZ)」を開発している。今回の提携はガンホーの海外市場及びコンソール向けタイトルへの進出、及びインディベーム支援のための施策の一環と思われる。
なお、ガンホーアメリカでは11月3日にロサンゼルスにてインディゲームディベロッパー向けのイベント「Indie Games Live」を開催予定で、17-BITも参加予定だという。

-ゲーム, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.