ニュース 仮想空間

大学スポーツチャンネル、3D仮想空間「SITECUBE」を使用した「サッカー早慶戦」のバーチャルパブリックビューイングを実施

投稿日:

大学スポーツチャンネル、3D仮想空間「SITECUBE」を使用した「サッカー早慶戦」のバーチャルパブリックビューイングを実施

株式会社大学スポーツチャンネルが、2014年7月2日(水)に開催される「早慶サッカー定期戦」にて株式会社野村総合研究所の3D仮想空間システム「SITECUBE」を利用しWeb上で「バーチャルパブリックビューイング」を実施すると発表した。

「SITECUBE」は野村総合研究所が提供する3D仮想空間を用いたコミュニケーションシステム。2001年に発表以来、教育、医療向けのコミュニケーションツールとして60以上の機関・ 組織に導入され数々の実績を挙げてきた。
今回の取り組みは、大学スポーツチャンネルが運営する「大学スポーツ総合サイト | CSPark」の企画の一つとして行われるもので、早稲田大学ア式蹴球部と慶應義塾体育会ソッカー部が1950年より毎年対戦を重ねてきた「早慶サッカー定期戦」を「SITECUBE」内で全国のOBOGに向けてバーチャルパブリックビューイングを行う。参加者は自分のアバターを用いてリアルタイムチャットや応援アクションで他のファンと一緒に応援をすることができ、スタジアムさながらの臨場感を味わえる。また試合映像も、スポーツ中継の実績のある大学スポーツチャンネルが完全ライブ中継する。参加は無料だが事前申し込みが必要で、定員は先着200名まで。申し込みはこちらから。

-ニュース, 仮想空間
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.