アニメキャラと会話できる!? DeNAとMUGENUP、仮想ライブ空間「Showroom」にて新感覚ライブコミュニケーティングアニメ「こちら娘島高等学校ほーそお部」を配信

 

アニメキャラと会話できる!?  DeNAとMUGENUP、仮想ライブ空間「Showroom」にて新感覚ライブコミュニケーティングアニメ「こちら娘島高等学校ほーそお部」を配信

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)が、同社がPC/スマートフォン向けに提供中の仮想ライブ空間「Showroom」にて、株式会社MUGENUPが提供するライブコミュニケーティングアニメ「こちら娘島高等学校ほーそお部」の配信を開始すると発表した。

「こちら娘島高等学校ほーそお部」は、アニメーションでありながら視聴者がキャラクターにコメントしたり、キャラクターがコメントに言葉や表情などで反応したりとリアルタイムで対話型のコミュニケーションを楽しむことができる世界初のインタラクティブアニメ作品。Showroomでの初回配信は3月24日(月)21:00から開始予定。概要は以下のとおり。

【開始日】
2014年3月24日(月)21:00~(予定)
※以降、毎週月曜21時からの放送を予定
【声の出演】
冨岡美沙子さん、清都ありささん(共にアクロス エンタテインメント所属)
【視聴方法】
PC及びAndroid端末、iPhone、iPad用アプリで視聴可能
【番組URL】
https://www.showroom-live.com/musumejima
【公式HP】
http://musumejima.com/
【あらすじ】
小笠原諸島にある人口4500人の離島、娘島(むすめじま)。
小学校、中学校の頃からアイドルとして有名になることを目標に
都内で活動していた榎本かなでは、引っ越し先であるここ娘島で、
隠れアイドル志望だった市長の娘、白州あすなと出会う。
二人は「目指せ!トップアイドル!」を目標にShowroomでの海賊放送を開始する。
【登場キャラクター紹介】
白州あすな(16歳)
先祖代々の地主家系で厳しく育てられたお嬢様。地味な島から出ることが
なかったため、島の外の世界に興味がある。
一度、島の震災の時に、応援に駆けつけたアイドルを見てアイドルになりたいと
密かに想い続けていた。父は娘島市長。ニックネームは「あすにゃん」。

榎本かなで(16歳)
都内の高校から娘島に転校してきた女の子。小学校、中学校とアイドルとして
有名になることを目標に芸能活動をしていた経験あり。
当初は娘島のあまりの田舎ぶりに辟易していたが、あすなとの出会いにより
娘島からアイドルになる道を模索する。ニックネームは「かなちゃん」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket