オリオスペック、10万円以下の高性能3Dプリンタ「3D PRINTER REPRAP PROFESSIONAL」を発売

   2014/02/07

オリオスペック、10万円以下の高性能3Dプリンタ「3D PRINTER REPRAP PROFESSIONAL」を発売1

有限会社オリオスペックが、オープンソース3Dプリンタ「RepRap」の最新精度モデル「3D PRINTER REPRAP PROFESSIONAL」を発売した。価格は98000円。

オリオスペック、10万円以下の高性能3Dプリンタ「3D PRINTER REPRAP PROFESSIONAL」を発売2

「3D PRINTER REPRAP PROFESSIONAL」は、業界最小の抽出口径0.3mm、最小積層ピッチ0.05mmを実現した3Dプリンタ。同社の従来モデルよりもスピードが向上しており、積層が細かくなっても短時間での出力が可能になっているという。また単一での出力に対応しており、G-CODEファイルをSDカードに入れて3Dプリンタ本体に読み込ませることでPCに接続せずに出力できる。プリンタの設定も搭載の操作パネルから設定可能。製品概要は以下のとおり。

寸法            :400mm×430mm×380mm (L×W×H)
重量            :12KG
最小積層ピッチ       :0.05mm
最小打ち出し模型角カーブ半径:0.15mm
造形可能な最大サイズ    :200mm×200mm×180mm
抽出口径          :0.3mm (業界最小)
抽出最高スピード      :120MM/S 60MM/S
               一時間あたり50Gの模型を
               プリントアウトすることができます
積層解像度         :0.05mm
               (抽出物の大きさ・形状によって変わります)
プリントヘッド       :1
プリントファイル形式    :STL、Gコード
対応ソフト         :Repetier-HOST
対応OS           :Windows XP、Windows 7、Windows VISTA、
               Mac OS
価格            :98,000円

オリオスペック、10万円以下の高性能3Dプリンタ「3D PRINTER REPRAP PROFESSIONAL」を発売3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket