アプリ ゲーム ニュース

コーエーテクモ、オンラインゲーム・ソーシャルゲームにて未成年者課金保護を目的とした課金制限機能を導入

投稿日:

コーエーテクモ、オンラインゲーム・ソーシャルゲームにて未成年者課金保護を目的とした課金制限機能を導入

コーエーテクモホールディングス株式会社が、同社が提供中のオンラインゲーム・ソーシャルゲームなどにおける未成年者に対する課金にて、消費者保護及び各種法令順守の観点から年齢区分ごとの課金制限機能を導入すると発表した。

この課金制限機能は今年度内に導入するとのことで、今後、基本プレイ無料・アイテム課金型のゲームには原則導入していくとのこと。また現在配信中のタイトルだけでなく今後リリース予定の新作タイトルについても順次拡大していくという。課金時の年齢区分及び課金限度額の設定は以下のとおり。

15歳以下 5000円
16歳~19歳 2万円
20歳以上 限度額設定なし
※課金限度額は、毎月1日から末日までの合計金額の上限

なお、現在同社が運営中のコミュニティサイト「GAMECITY」及び「my GAMECITY」でも個人ごとに上記の規制を設け、同社以外のプラットフォームで提供しているタイトルにおいては、上記よりもプラットフォームの規制が厳しい場合にはプラットフォームの規制に従う形となる。

-アプリ, ゲーム, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.