GMO、Kakao Gameへ進出する企業を支援する「カカオクラウド powered by GMO」を提供開始

 

GMO、Kakao Gameへ進出する企業を支援する「カカオクラウド powered by GMO」を提供開始

GMOインターネット株式会社が、同社が運営するソーシャルゲーム専門サーバーサービス「GMOアプリクラウド」にて10月初旬を目処に韓国・ソウルにデータセンターを設置すると共に、韓国発のメッセージングアプリKakaoTalk(カカオトーク)のゲームプラットフォーム「Kakao Game」へのゲーム配信向けに「カカオクラウド powered by GMO」の提供を開始すると発表した。また、GMOインターネットグループの一社で韓国ソウルに拠点を置くGMO Game Center Korea, Inc.と連携し、韓国市場へゲーム配信を検討している企業の韓国進出も支援する。

「GMOアプリクラウド」は2010年9月より提供を開始したソーシャルゲーム専用のクラウドサービス。2011年3月にUSデータセンターも開設し、約2年半で数多くのソーシャルゲームのアメリカ進出を支援してきた。
「カカオクラウド powered by GMO」は10月初旬よりサービスを開始予定で、韓国への進出を考えるゲームディベロッパーは同サービスを利用することで、契約からサポート、その他全てを日本語で進めることができる。
なお、「韓国データセンター」について問い合わせて資料請求を行った企業の中から抽選で3社6名を韓国のゲームショー「G-STAR2013」に招待するキャンペーンも実施している。問い合わせフォームはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket