ゲームロフト、Intelと提携し今後のAndroid向けゲーム開発にIntelアーキテクチャを利用

 

ゲームロフト、Intelと提携し今後のAndroid向けゲーム開発にIntelアーキテクチャを利用

ゲームロフトが、米サンフランシスコで開催されたIntelの開発者向けカンファレンスイベント「Intel Developer Forum 2013」にて、今後開発するAndroid向けゲームアプリにIntelアーキテクチャを利用するためIntelとパートナーシップを締結すると発表した。

ゲームロフトによれば、Intelアーキテクチャを利用することで、ゲームに対応可能なAndroid端末の対象範囲を広げることができ、より多くのスマートフォンやタブレットにゲームロフトのタイトルを展開できるようになるという。今回のパートナーシップについて、ゲームロフトのパブリッシング担当兼上席副社長のゴンザーグ・ドゥ・ヴァロワ氏は「私たちは、今後配信予定のゲームを新たなAndroidプラットフォーム向けに、Intelアーキテクチャを用い最適化すること、そしてゲームロフトのゲームを、高性能スマートフォンやタブレット向けにより多く展開していける事を大変嬉しく思っています。Intel社の創造的なハードウェアプラットフォームは、私たちの開発力を高め、より多くのお客様に魅力的なコンテンツをお届けする助けとなります。」とコメントしており、Intelのソフトウェア&サービス・グループ 副社長兼ゼネラルマネージャー ダグ・フィッシャー氏も「ゲームロフトのゲームは視覚的に素晴らしく、Intelの技術を用いたプラットフォームで没頭できるようなゲーム体験を提供するでしょう。ゲームロフトのような最大手のゲーム会社がIntelアーキテクチャを開発に用いるという事は、開発者と消費者にとって、今が最新のIntelプロセッサーを用いたシステムを利用する絶好のタイミングだということを表しています。」と述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket