CyberZ、米41st Parameterと戦略的パートナーシップを締結

 

CyberZ、米41st Parameterと戦略的パートナーシップを締結

株式会社CyberZが、PC・スマートデバイスを対象に識別技術を提供する米アリゾナ州に拠点を置くThe 41st Parameter Inc.と協業し、提供するスマートフォン広告向けソリューションツール「Force Operation X」(以下「F.O.X」)において広告効果測定の新たなデバイス推定技術を導入した。

41st Parameterは個人を特定できる情報(端末ID、行動・購買履歴、位置情報など)を一切使用せずに、Cookieが動作しない環境においても独自のデバイス推定技術「AdTruth」でオンライン広告の効果計測を可能にした世界有数のテクノロジーベンダーで、現在北米やヨーロッパを中心に世界で60社以上の導入実績を誇っている。このAdTruthのデバイス推定技術を導入することでWebブラウザの起動を行わずに効果計測することが可能になり、これによりCookieや端末IDを一切利用しないプライバシーに配慮した広告効果測定が実現する。「F.O.X」は、Facebookのモバイル広告「Mobile App Install Ads」やLINEの「LINEフリーコイン」、北米や中国、韓国のメディアなど170社以上と連携しており、国内外の幅広いメディアを対象にブラウザ非起動の計測方法が利用できる。なお、LTV計測やアクセス解析機能、継続率の測定も可能となっている。
同社では今後も企業のスマートフォンプロモーションの問題解決や効果向上への寄与を目指し、スマートフォン広告メディアの拡大及び広告効果の最適化に努めていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket