フェニックスソフト、iOS向けの3Dゲームエンジン「Graphyte 2.1」を発表

 

フェニックスソフト、iOS向けの3Dゲームエンジン「Graphyte 2.1」を発表

株式会社フェニックスソフトが、マルチコア型CPUをもつハードウェアをターゲットとした同社の3Dゲームエンジン「Graphyte」(グラファイト)のVer.2.1がiOSに対応したと発表した。

「Graphyte 2.1」は、柔軟性が高く、自然な動きを伴う美麗な3Dゲームアプリを簡単に構築するための3Dゲームエンジンのフレームワーク。シェーダー管理機能やモデル描画、アニメーション再生などのサポート、システムレイヤー、数学レイヤーでの高速な演算処理が可能で、これを利用することにより難易度が高く時間のかかるコーディングに煩わされる事無くアプリ開発に専念できるようになるという。また既に発表済のWindows用「Graphyte」を利用したアプリとのソースコードレベルでの互換性も有している。主な機能は以下のとおり。

・タスク管理・実行機能(マルチコア型CPUに最適化されています。)
・コリジョン・ディテクション機能
・物理演算機能
・シェーダー管理機能
・エフェクト機能
・サウンド機能
・リソース管理機能

対応機種はiPhone4S(iOS Version 5.0)以降で使用言語はC++(Objective-C++からも利用可)。なお、同社ではデモアプリとして「Graphyte 2.1」の動作検証アプリ「Floatland」を公開している。さらに今後はAndroidや家庭用ゲーム機などの各種デバイス対応を実現し、マルチプラットフォーム、クロスプラットフォームでの開発環境の提供を目指すとしている。

無料
(2013.07.25時点)
posted with ポチレバ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket