日本で最も使われているスマホアプリはLINE—ニールセン、スマホ視聴率調査サービス「Mobile NetView」を提供開始

 

日本で最も使われているスマホアプリはLINE---ニールセン、スマホ視聴率調査サービス「Mobile NetView」を提供開始4

ニールセン株式会社が、本日よりスマートフォン視聴率調査サービス「Mobile NetView」の提供を開始した。

「Mobile NetView」は、調査協力モニターのスマートフォンに搭載したメーターにより日本国内のスマートフォンの利用動向をリアルタイムに計測し、データを収集、統計処理を施し、iOS/Androidの両OSのサイト訪問状況やアプリ利用状況をレポートするもの。なお、Mobile NetView2013年3月データによると、スマートフォンからの月間インターネットユーザー(アプリのユーザー及びWebサイトの訪問者)は2,748万人で、一人当たりの利用時間は40時間2分となっていることが分かったという。アプリのみに絞り込むと、そのユーザー数は2,745万人で利用時間は31時間27分、Webサイトのみに絞り込むと訪問者が2,676万人で訪問時間が13時間9分となり、アプリの利用時間がウェブサイトの2倍超となっていたという。

日本で最も使われているスマホアプリはLINE---ニールセン、スマホ視聴率調査サービス「Mobile NetView」を提供開始1

アプリユーザーとWebサイト訪問者の両方を合算したサービス毎の訪問者ランキングでは、1位がGoogle(2,683万人)、2位がYahoo!(2,444万人)、3位がFacebook(1,980万人)という結果に。

日本で最も使われているスマホアプリはLINE---ニールセン、スマホ視聴率調査サービス「Mobile NetView」を提供開始2

また、アプリとWebサイト、それぞれの利用・訪問者数のランキングでは、アプリはLINEが1位となり、次いでGoogle Play、Google Mapsと続き、1位のLINEをOS別でみると、Androidからのユーザーが966万人、iOSからのユーザーが747万人だった。一方のWebサイトのランキングではGoogle、Yahoo!と続き、楽天が3位にランクイン。また、Wikipediaも10位以内にランクインしていた。

日本で最も使われているスマホアプリはLINE---ニールセン、スマホ視聴率調査サービス「Mobile NetView」を提供開始3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket