Apple、決算発表にてApp Storeの総ダウンロード件数が450億件を突破したと発表

 

Apple、決算発表にてApp Storeの総ダウンロード件数が450億件を突破したと発表

Tech系メディアのTechCrunchによれば、米Appleが2013年第2四半期の決算発表にてApp Storeにおけるアプリの総ダウンロード件数が450億件を突破したと発表したという。

この決算発表によると、現在App Storeには85万本以上のiOSアプリが公開されており、そのうち35万本以上がiPad専用アプリとなっている。また1秒あたり約800のアプリがダウンロードされ、1日あたりに換算すると約70万のアプリがダウンロードされているとのこと。現在App Storeは155ヶ国・地域にて利用されているが、これは世界の人口の90%をカバーする計算になるという。Apple CFOのPeter Oppenheimer氏は、アプリディベロッパーに四半期ごとに10億ドル以上を、昨年だけでも約45億ドルを支払っており、これまでディベロッパーに支払った金額は90億ドルを超えていることも合わせて発表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket