クロスフェーダー、iOS向け地図アプリ「ARマップ」の新バージョンをリリース

 

株式会社クロスフェーダーが、AR(拡張現実)を利用したiOS向け地図アプリ「ARマップ」の新バージョンをリリースした。

ARマップは、iPhoneのカメラで周囲の風景を見ると画面上に目的地の方向が示され、目的地の位置と経路が可視化される機能を持つ地図アプリ。ナビゲート機能もあり、目的地を設定すると現在地から目的地までの方向をARタグで表示しナビゲーションを行う。さらに現在地から周辺情報を検索することができ、近辺の飲食店情報等を探すことができる。今回のバージョンアップにより、地図をiPhoneの標準アプリとGoogleマップから選択できるようになったほか、英語のサポートも開始した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket