3Dプリンタ ニュース

Q.「3Dプリンタでどこまで小さく出力できる?」 A.「ミリ単位までOK」

投稿日:

CGアーティスト/アニメーターのLincolnK氏が、自分の頭の3Dモデルを実験台に3Dプリンタでどこまで小さなモデルが出力できるか試したところ、1㎝未満のミリ単位のモデルまで作ることができたと発表している。

LincoInk氏は3DCG SNSと3Dプリントサービスを提供しているShapewaysを使って様々なアクセサリー作品を販売している(同氏のショップはこちら)。その作品ジャンルから元々小型のモデルを製作することが多かったLincoInk氏だが、試しにどこまで小さいモデルを出力できるのか、自分の顔の3Dモデルで極限まで出力に挑戦してみたとのこと。するとディティールは甘くなってしまったものの出力自体はミリ単位まで可能だったという。なお、LincoInk氏が使用している3Dプリンタは「Makerbot Replicator」というプラスチック素材で出力できる機種で、素材にはShapewaysがオススメする透明素材が使用されている。

Makers: The New Industrial Revolution
Makers: The New Industrial Revolution

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる
MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

-3Dプリンタ, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.