IGDA日本、8/4-5に福島県南相馬市にて「福島GameJam in 南相馬2012」を開催

 

IGDA日本(国際ゲーム開発者協会日本)が、8月4日〜5日の2日間、福島県南相馬市にて限られた時間内にゲームを開発するイベント「東北ITコンセプト 福島GameJam in 南相馬2012」を開催する。現在参加者を募集中。

「GameJam」とは、その場で即席のゲーム開発チームを組み、限られた時間内にゲームを一つ完成させるという開発者向けのイベント。既に世界各地で開催されており、日本でも東京など都市部で開催されてきた。IGDA日本は昨年も福島GameJamを開催しており、その取り組みが国内外のメディアやゲーム関係者から高く評価された。IGDA日本は同イベントの趣旨として、

・震災による風評被害を受けることのないIT分野での人材育成を通した復興支援
・被災地は元気であるというメッセージの日本国内および海外への発信
・次世代を担う子供たちや若者たちに対して、将来必要なスキルを学ぶ機会の提供

を挙げており、またプロジェクト全体を通して、メイン会場となる南相馬市を中核に広域ITクラスター形成の可能性を探る「東北ITコンセプト」の具現化に向けた行動を進めていくとしている。なお、IGDA日本では東京のゲームクリエイター等30名、東北地域の学生等30名の60名程度の参加を見込んでおり、これら参加者の中から計10チームに振り分けてゲーム開発を行うことを想定しているという。サテライト会場として、東京工科大学(東京都八王子市)、IGDA福岡(福岡県)、IGDShare(台湾台北市)での開催も予定しているとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket