ゲーム ニュース

KLab、RMT防止対策を開始

投稿日:

KLab株式会社が、同社が提供するソーシャルゲーム上でユーザーが入手したアイテムをユーザー同士がインターネット上において現金で売買するRMT(リアルマネートレード)行為の防止対策を開始すると発表した。

同社では自社開発のソーシャルゲーム上にてRMTを明確に禁止しているが、実際には少数のユーザーがインターネットオークション等を利用して現金による取引を行っているとのこと。そこで同社では、24時間体制での有人による投稿監視サービスを提供している株式会社ガイアックスの協力のもとRMT防止対策専用の投稿監視サービスを導入し、監視体制を強化する。また抜本的な対策としてゲーム内のトレード/ギフト機能の改善を実施。今後、他ユーザーにアイテムを贈れる機能「ギフト機能」は友達とギルド(グループ)間のみで可能とし、ギフト機能が利用できるようになるためには「友人関係の成立から2週間」「ギルドメンバーになってから2週間」をクリアしなければならないという条件を加える。さらに1日あたりの取引回数に上限を設けることでギフト機能の営利を防止する。これらに加え、同社ではRMT専門業者などへ同社のゲーム上で提供されるキャラクター、アイテム、カードなどの一切の販売を停止するとともに、関連するデータを当該サイト上及びサーバーから完全に削除するよう書面等で要求したとのこと。

-ゲーム, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.