GREEとPayPal、戦略的業務提携を発表

 

グリー株式会社と世界最大級のオンライン決済サービス「PayPal」を提供するペイパルが戦略的業務提携を発表した。今後GREEの決済方法としてPayPalも利用できるようになる。

両社は今回の戦略的業務提携における最初の取り組みとして、2011年12月14日よ日本版のスマートフォン向けGREEにてPayPalでの決済方法を採用。今後も順次北米及び世界各国向けに展開されるGREE PlatformにPayPalが導入される予定。

グリーの代表取締役社長の田中良和は次のようにコメントしている。「現在グリーでは10億ユーザーが使うプラットフォームの確立を目指してグローバル化を進めていますが、既に世界中で1億を超えるユーザーのモバイル端末でより安全・より迅速な決済方法として利用されているペイパルとの提携により、さらなるグローバル化の加速を期待しています。」

またペイパルのアジア太平洋地域担当シニア・バイス・プレジデント、ルパート・キーリー(Rupert Keeley)氏は次のように述べている。「ペイパルは今年35億米ドルを超えると予測されている世界のモバイル取引において、世界中で利用されるデジタルウォレットとして、モバイルコマースの変革をリードしています。このたびの日本を代表するSNSを提供するグリーとの提携をとても嬉しく思います。グリーはペイパルが注力しているモバイル、ソーシャル、デジタルという決済のトレンドを網羅しています。日本だけでなく、世界中のユーザーにソーシャルゲーム・プラットフォームを提供するグリーにとって、『いつでも、どこでも、どんな方法でも(Anytime, Anywhere and Any way)』コマースを実現していくというビジョンを掲げるペイパルは、最適なパートナーであると確信しています。」

なお、今回の提携を記念して2012年1月11日(水)〜2月10日(金)まで日本での共同プロモーションを実施。期間中にPayPalを利用してGREEの仮想通貨「コイン」を購入したユーザーの中から抽選で1万コインを200名に、総額200万コインをプレゼントする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket