DeNAとバンダイナムコゲームス、共同出資による新会社を設立

 

株式会社バンダイナムコホールディングス株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)が、ソーシャルゲームなどのコンテンツ事業の拡大のためバンダイナムコホールディングスの100%子会社である株式会社バンダイナムコゲームスとDeNAの共同出資による新会社「株式会社BDNA(ビー・ディー・エヌ・エー)」を設立すると発表した。設立日は2011年10月1日で資本金は1億円(出資比率:バンダイナムコゲームス75%、DeNA25%)、代表にはバンダイナムコゲームス代表取締役副社長である鵜之澤伸氏が就任する。

バンダイナムコゲームスでは、2010年7月よりDeNAが運営するMobageに向けてコンテンツの提供を行っているほか、2010年12月からは両社の共同開発によるソーシャルゲーム「ガンダムロワイヤル」の提供を開始しており、既に300万人以上のユーザーを獲得している。今回発表された新会社では、バンダイナムコゲームスが持つコンテンツの世界観に適したゲームの企画・開発のノウハウ、DeNAが持つソーシャルゲームの開発・運営ノウハウによって相乗効果を発揮し、グローバル市場においてスマートフォンを中心としたソーシャルゲームなどのコンテンツ事業の展開を行っていくとしており、2011年度中にコンテンツの提供を開始する予定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket