新興国向けSNS「mig33」運営のProject Goth、ソーシャルアプリの仕様をGREEと共通化

 

東南アジア、南アジア、中東、アフリカなどの新興国を中心に5,000万ユーザーを有するモバイル向けSNS「mig33」を運営するProject Gothが、グリー株式会社が提供する「GREE Platform for smartphone」と仕様を共通化したプラットフォームの提供を2011年7月21日より開始すると発表した。これにより今後GREEの開発パートナーは「mig33」を通じて新興国の5,000万ユーザーに自社にソーシャルアプリを提供することが可能となる。

サービスのローカライズ及びデバック・多端末検証については、すでにGREEが国内外で豊富な実績とノウハウを持つサービス事業者と提携しており、国内外のディベロッパーが開発期間を短縮してGREE及びmig33などへ迅速にアプリを提供できる環境を構築している。
またGREEは1月に中国最大のオンラインコミュニティサービスを展開するTencentともスマートフォン向けプラットフォームの仕様共通化で業務提携し、4月に全世界で約9,000万ユーザーが利用する世界最大級のスマートフォン向けソーシャルゲームプラットフォーム「OpenFeint」を提供するOpenFeint社を子会社化するなど国際展開しやすい環境を整えている。
GREEは今後も国内外の有力なパートナーと連携を進めていくとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket