バスキュールとmixi、合弁会社 「株式会社バスキュール号」設立

 

株式会社バスキュール株式会社ミクシィが、ソーシャルマーケティングサービスを開発・提供する合弁会社「株式会社バスキュール号」を設立した。資本金は9,750万円で出資比率はバスキュール66%、ミクシィ34%代表取締役にはバスキュール代表取締役である朴正義氏が就任する。

これまで両社はヘアケアブランド「LUX」のmixiアプリ「The Actress~華麗なる女優たち~」において通算90万人、約4,500万プレイといった実績や、「mixi Xmas 2010」ではサービス提供開始から58時間で約100万人、クリスマスまでの24日間で約300万人が登録するというソーシャルグラフを活用したマーケティングを実現してきた。今後、バスキュール号では、バスキュールが持つインタラクティブコンテンツ制作に関するクリエイティブ力や開発力、そしてミクシィが持つソーシャルサービスに関する知見・ノウハウ及びSNS「mixi」のソーシャルグラフをより深く融合させることで、ソーシャルマーケティングサービスをさらに拡大していくほか、オリジナルメディアの開発・提供、テレビ・ラジオ等のマスメディアとの連携をはじめとした新機軸のマーケティングサービスを提供していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket