米ティーンエイジャー向けSNSのMyYearBook、ソーシャルプラットフォーム「myYearbook Live」を公開

   2013/01/25

アメリカのティーンエイジャー向けSNS「MyYearBook」が、外部のディベロッパーがソーシャルゲームを公開・提供できるプラットフォーム「myYearbook Live」を公開した。他のプラットフォームと違い、よりユーザー同士のリアルタイムな交流が可能だという。

MyYearBookは2005年に当時高校生だったGeoff Cook氏と彼の妹のCatherine Cook氏、弟のDavid Cook氏の三兄弟によって立ち上げられたティーンエイジャー向けのSNS。現在約2500万人もユーザーを有しており、そのうち約90%が北米からアクセスしている。2008年よりゲームと仮想ギフト(アイテム課金)を導入し、今年2月より3DアバターチャットサービスのIMVUと、7月より2DアバターSNSのWeeWorldとお互いの仮想通貨を”両替”するサービスを開始した。
「myYearbook Live」は、Webカメラを使用してライブチャットをしながらゲームをプレイできるソーシャルプラットフォーム。ユーザーの年齢や性別、現在地などのデータを元にマッチングを行いマルチプレイを可能にする。既に仮想ギフトサービスのViximoとカジュアルゲームポータルのOMGPOPが同プラットフォームに参加することが決定しており、またMMOポータルのHeyZapとも協力していくとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket