ゲーム ニュース

どーもくん、今度はFacebookでソーシャルゲームに(注:NHKのアプリではありません)

更新日:

どーもくん、今度はFacebookでソーシャルゲームに(注:NHKのアプリではありません)

アバターSNS「WeeWorld」やカジュアルMMO「Free Realms」の仮想アイテムになったりと海外で大人気のNHKのマスコット「どーもくん」だが、今後はソーシャルゲームになってFacebookに登場した。

「どーもくん」は言わずもがなNHKのマスコットキャラクターだが、海外ではNHKと関係なく単体のキャラクターとして非常に人気がある。どーもくんの人形アニメーションは世界115カ国で放送されており、2008年にはアメリカの大手ディスカウントチェーン「Target」のマスコットキャラクターにも採用された。現在、どーもくんのアメリカでの版権管理はBig Tent Entertainmentが行っており、さらに仮想空間やアバターサービス、SNSなどでの「仮想アイテム」における版権管理はVirtual Greatsが行っているが、両社は丸ごとどーもくんの世界観が楽しめるソーシャルゲーム「Planet Domo」をリリースしFacebookにて提供を開始した。
「Planet Domo」は、どーもくんだけでなく「うさじい」や「たーちゃん」など他のキャラクターも登場する冒険がテーマのソーシャルゲーム。プレイヤーは様々なクエストをこなして目的地のパズルを集め、各地を旅し、その過程でレベルを上げたりポイントを稼いで仮想アイテムを購入するというもの。レベルを上げると他のプレイヤーと対戦できるようになる。

-ゲーム, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.