ポケラボ、DCMとインキュベイトファンドから約1,200万ドル資金調達

 

ソーシャルゲームディベロッパーの株式会社ポケラボが、米大手ベンチャーキャピタルのDCM VI, L.P.(以下DCM)とインキュベイトファンドから約1,200万ドルの資金調達を行った。


ポケラボはモバゲータウンとmixiアプリに向けソーシャルゲームを提供している企業。主なタイトルは「サムライ戦記」(モバゲー)、「やきゅとも!」(モバゲー)、「熱血硬派 拳塾」(mixiアプリ)などで、これまでリリースしたソーシャルゲームはいずれもリリース後2週間で50万インストールを超え、今もユーザー数を増やし続けている。
同社によれば、今回調達した資金は継続的なサービス開発やスマートフォンを含めた横断的な事業展開、業界を跨いだ事業提携、他社との資本提携、サービスを支えるエンジニア(PHP/スマートフォンエンジニア)、デザイナー、マーケティングスタッフ等の積極採用活動に使用されるという。
株式会社ポケラボ
http://www.pokelab.co.jp/
関連記事:
ソーシャルゲームディベロッパーのポケラボ、10億円を資金調達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.