インドの”ボリウッド”映画、プロモーションに3D仮想空間を利用

   2013/01/14

”ボリウッド”映画、プロモーションに3D仮想空間を利用

インドの映画会社のEros Entertainmentが、同社の新作映画「Anjaana Anjaani」のプロモーションにインド初の3D仮想空間「Gojiyo」を活用している。

「Gojiyo」はインド最大の財閥であるゴドレジ(Godrej)・グループが開発・提供するUnity3Dを使用したWebブラウザ上で動作する3D仮想空間。基本UIは英語で、主にインドのファッションやエンターテイメントに興味のある若者やビジネスパーソン、進歩的な人を対象としており、現在約35,000人のユーザーを有している。Eros EntertainmentではGojiyo内に映画「Anjaana Anjaani」の看板や劇中のワンシーンを再現したエリアを設置し、合わせて主題歌を空間のBGMに使用し無料のダンスアニメーションを配布。「Anjaana Anjaani」が恋愛映画であることから、このキャンペーンを通して新しいユーザーと出会うことを奨励しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket