ニュース 仮想空間

Second Lifeを題材にしたドキュメンタリー映画「Life 2.0」、フィラデルフィア映画祭の長編ドキュメンタリー賞を受賞

更新日:

Second Lifeを題材にしたドキュメンタリー映画「Life 2.0」、フィラデルフィア映画祭の長編ドキュメンタリー賞を受賞

米Linden Lab社が運営する3D仮想空間「Second Life」を題材としたドキュメンタリー映画「Life 2.0」が、10月14日~24日まで開催されたフィラデルフィア映画祭にて長編ドキュメンタリー賞を受賞した。

「Life 2.0」は実写とSecond Lifeの中の映像を織り交ぜたドキュメンタリー映画。Second Lifeで仮想アイテムを制作・販売するクリエイターとして成功し、Second Life内の活動だけで生活できるようになった人や、お互い結婚しているにも関わらずSecond Life内で恋愛をしているカップルなど、Second lifeにログインすることによって劇的に人生が変化した様々なユーザーたちの姿を追った内容で、今年サンダンス映画祭とサンフランシスコ国際映画祭、サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)映画祭に正式出品されたほか、「オプラ・ウィンフリー・ネットワーク」に購入され来年同局のドキュメンタリー映画枠「monthly documentary film club」にて放送されることが決定している。



-ニュース, 仮想空間
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.