ニュース 国内ニュース

【インタビュー】11月に「3Dビジネスフォーラム」開催!今語られるべき課題とは?

投稿日:

「3Dブーム」といわれ始めて久しい。大ヒット3D映画「アバター」公開時に比べれば落ち着いたとはいえ、それでも引き続き3D映画のリリースは続いている。先日開催されたCEATEC JAPAN 2010でも3Dが主役だった。以前と違うのはそれらの多くが参考展示品ではなく、実際に発売される製品であるという点だ。3Dデバイスの普及はまだ未知数だが、民生機としての実用化に疑問を呈する時期ではなくなったといえる。

そうした中、次に矢面に立つのが「なにを」「どのように」観るか、利用するかというコンテンツやビジネスモデルの課題だ。
これらの課題に応えるべく、2010年11月9日(火)~12日(金)の4日間に渡り、東京・銀座で「3Dビジネスフォーラム 2010」(今後の3D市場、ビジネスを探るセミナー&企画展)が開催される。その背景や狙いについて、イベントのコーディネーターを務める3Dプロデューサーの渡辺昌宏氏に話を聞いた。(文中敬称略/聞き手:THE SECOND TIMES 編集長 箱田雅彦)
3Dビジネスフォーラム 2010
http://www.3d-business-forum.net
【インタビュー】11月に「3Dビジネスフォーラム」開催!今語られるべき課題とは?
コーディネーターを務める3Dプロデューサーの渡辺昌宏氏
箱田 こうしたイベントを今のタイミングで開催される背景を教えてください。
渡辺 昨今、多くの3Dデバイスが発表され、それに伴って3Dコンテンツを提供する動きも出てきました。これは今後巨大な市場になっていきます。しかし、現在はまだ3D対応ハードやメディアなどがコンテンツやビジネスモデルに先行している状態です。このタイミングで3Dに関するビジネスを一度まとめて議論する機会が必要だと感じていました。
箱田 渡辺さんはこの夏に神奈川工科大学の深野暁雄氏との共著で『3Dの時代』(岩波書店)を出版されています。3Dの技術面だけでなく、その歴史もかなり詳しく書かれているのが印象的でした。今回のイベントでも歴史的な展示がありますね。
渡辺 3Dは新しい製品ジャンルであると同時に、その基本原理は長い歴史があります。会場では1860年代から現代までの3Dコンテンツとデバイスの変遷を展示しています。また、100年以上前のステレオ写真を最新の3Dディスプレイで再現して体験できるコーナーも設ける予定です。過去と未来の融合という感じで不思議な感覚が味わえると思いますよ。
【インタビュー】11月に「3Dビジネスフォーラム」開催!今語られるべき課題とは?
「古くて新しい」3Dの歴史も展示。
写真は1860年のステレオビューアー(右上)、1930年の赤青メガネ(中央)、2010年のHMD(左上)

箱田 古いステレオ写真をいくつか見せていただきましたが、臨場感がうまく伝わってきますね。当時のステレオ写真のプロが撮っただけあって、構図の作り方は現代でも参考になりそうです。3Dは何度がブームがありつつも定着しなかったので、ノウハウが広く残りにくかったように思います。コンテンツ制作の観点からも歴史を見ることで学べることが多そうですね。ただ、技術の進歩や今後の普及によって、以前とはまた違う課題も出てきそうな気がします。
渡辺 そうですね。例えば物が立体に見えるという仕組みは個人差もあるので、3Dテレビのように家族など大勢で観る場合はそうした違いをどう扱うかといった問題もあります。
箱田 なるほど。その差をどう吸収するかという技術的な話だけではなく、観る人達が3Dコンテンツによって得る体験をどう捉え、サポートするかという観点もでてきますね。単に健康上の懸念に留意すればいいというわけでもなさそうです。
渡辺 イベントではそうした従来とは違った観点での課題についても、みなさんと議論できればと思っています。今回、私はイベントの主催をされている3Dビジネスフォーラムの山田哲也事務局長から依頼を頂いてコーディネーターを務めさせていただくことになったのですが、3Dが普及する端緒となるこの時期に機会をいただけたのは幸運でした。
■イベント概要
○名称
「3Dビジネスフォーラム 2010」
(今後の3D市場、ビジネスを探るセミナー&企画展)
○会場
Salon de G(サロン・ド・ジー) 詳しくはこちらへ
○日時
2010年11月9日(火)~12日(金) 各10:00~18:30
○主催
3Dビジネスフォーラム事務局
○参加費
1万円(抽選で無料となる事前登録を受付中。10/25まで)
○公式サイト
「3Dビジネスフォーラム 2010」
http://www.3d-business-forum.net

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.