空に絵を描こう!電通らがiPhone向けARアプリ「スカイキャンバス」をリリース

 

空に絵を描こう!電通らがiPhone向けARアプリ「スカイキャンバス」をリリース
電通と慶応義塾大学SFC研究所のクリエイティブユニット「汐留イノベーションスタジオ(SIS)」による「PaPaCo Design Project」が、AR(拡張現実)を利用して「空」をキャンバスにして動物の絵を描くことができるiPhoneアプリ「スカイキャンバス」をリリースした。価格は無料。


「スカイキャンバス」は、アプリを起動してiPhoneのカメラを空にかざし、画面上に表れる雲を捕まえるその雲の数に応じて「雲でできた動物」と交換できるというもの。交換した動物はARで空の風景に重ねられ、「空の動物園」を作ることができる。
ダウンロードはこちら
http://itunes.apple.com/jp/app/id392482730?mt=8
汐留イノベーションスタジオ(SIS)
http://sis-web.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.