テンプル大学のセカンドライフマシネマPV「Virtual Love」、遂に完成

 


テンプル大学ジャパン・サイバーメディアクラスが授業で製作していたセカンドライフ・マシネマ「Virtual Love」が遂に完成した。


テンプル大学ジャパンは外国大学の日本校として初めて文部科学省から指定を受けたアメリカの総合大学(メインキャンパスはアメリカ・ペンシルベニア州フィラデルフィア)。同校のサイバーメディアクラスでは、今春からフィラデルフィア在住のHip HopアーティストのLegrandさんのPVをセカンドライフ・マシネマ(仮想空間やMMOを使用して製作する映像作品のこと)で製作するという授業を行っていた。約20名ほどのクラスのメンバーはそれまで殆どセカンドライフにログインしたことはなく、もちろんマシネマ製作をするのもこの授業が初めて。製作は東京・フィラデルフィア・セカンドライフと3つの「空間」を仮想的に行き来して行われ、完成まで約4カ月が費やされた。
テンプル大学のプレスリリースはこちら
Second-Life and the Future of Music Industry
http://sl-music.info/
テンプル大学ジャパンキャンパス
http://www.tuj.ac.jp/defaultj.html
関連記事:
【レポート】セカンドライフを使ってPVを作ろう!テンプル大学の授業にお邪魔しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.