佐賀県嬉野市、バリアフリー施設をセカイカメラで発信

 

佐賀県嬉野市、バリアフリー施設をセカイカメラで発信
佐賀県嬉野市が、同市内にあるバリアフリー対応の公共施設や宿泊施設などを、7月16日よりモバイル向けARアプリ「セカイカメラ」のエアタグを通じて情報発信していくと発表した。


同市では今年12月21日~22日の2日間にわたって「第5回ユニバーサルデザイン全国大会」を開催予定。そこで「日本一のバリアフリーのまち うれしの」を目標に、市内の公共施設や宿泊施設の”バリアフリー度”を調査し整備を進めている。今回、その一環として市内の施設80ケ所程度にUD(ユニバーサルデザイン)エアタグを製作し、観光スポットなどのエアタグを含め市内に合計250ヶ所にエアタグを設置し、セカイカメラで情報を閲覧できるようにする。設置したエアタグは「ユニバーサル全国大会」開催以降も設置し、同市ならではの観光情報を発信するとのこと。
尚、同市ではセカイカメラを使った観光散策ルートの充実や各種イベントでの活用、韓国語や中国語、英語などの多言語表記での観光スポット対応なども予定しているという。
佐賀県嬉野市
http://www.city.ureshino.lg.jp/
セカイカメラ
http://sekaicamera.com/
関連記事:
アイエフネット、セカイカメラ上にポータルサイト「Bizloopサーチ」などの情報を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.