訓練用仮想空間にふさわしいのはどれ?—米軍後援の仮想空間コンペのファイナリスト発表

 

訓練用仮想空間にふさわしいのはどれ?---米軍後援の仮想空間コンペのファイナリスト発表
アメリカ軍のシミュレーション訓練技術を開発・提供しているSimulation & Technology Training Centerが、訓練に利用できる3D仮想空間のコンペディション「Federal Virtual Worlds Challenge」を開催、その最終選考に残ったサービスのリストを発表した。


「Federal Virtual Worlds Challenge」は、アメリカ軍の訓練とその結果分析に適切な仮想空間を公募するというもの。アメリカ軍と政府も後援しており、昨年8月から受付を開始していた。ファイナリストのリストは以下のとおり。
・Building 3D Models in Second Life – Dr. Cynthia Calongne
・Breakdown – Jeremiah Isbell
・DataScape – David Burden
・Hyper-Reality – Kevin Simkins
・Imagine – Kevin Simkins
・Immersive Learning Environment – Donelle Bunch-Sydow
・PIVOTE – David Burden
・Tactical Situation Visualization – James Stibbards
・Tredpro Fusion Fire System – Aaron Buley
・Virtual Training Partners – Mark Jankowski
・Army Family Support Center – Jaque Davison
・Chicken Chase – Dana Moore
・iSched – Virtual World Training Scheduler – Alexandre Gosselin
・I-Room – Austin Tate
・Mars Expedition Strategy Challenge – Mike McCrocklin/Andrew Stricker/Dr. Cynthia Calongne
・Play2Train – Ramashsharma Ramloll
・VetAdvisor Virtual Room – Dan Frank
・Virtual Border Crossing Simulation – Ken Hudson
・Virtual Power Station and Grid – Thomas Stead
尚、3月29日~31日にオーランドで開催される「GameTech Conference」にてこれらのデモが公開されるという。
Federal Virtual Worlds Challenge
http://fvwc.army.mil/FVWC-Main.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.