携帯向けのソーシャルゲームの利用率は約70%—スパイアとシーエー・モバイルが調査

 

株式会社スパイアと株式会社シーエー・モバイルが、「モバイルにおけるソーシャルゲームに関する利用調査」を実施しその結果を発表した。


同調査は、モバイルにおけるソーシャルゲームに焦点を絞りユーザーの利用状況や今後の利用動向を調査したもの。シーエー・モバイルが保有する携帯向けのメディア「NewsCafe」と「TheNews」のユーザーを対象に2月5日~7日の3日間にかけて行い、3369名の有効回答が得られたという。調査ではmixiやGREE、モバゲーなどのSNSで携帯向けに提供されているソーシャルゲームについて質問を行った。
まずソーシャルゲームの利用経験についてのう質問では全体の67.9%が利用したことがあると回答、さらにそのうち友人を「招待したことも招待されたこともある」と回答したのは32.8%だった。その一方まだソーシャルゲームを知らない人も15.6%いることが分かった。
また、ソーシャルゲームをいつ利用するかという質問では「夜寝る前」が52.0%と最も多く、次いで「空き時間ができたらいつでも」が40.0%、「仕事などの休憩時間」が 37.0%、「自宅でテレビを見ているとき」が36.8%、「人や乗り物などの待ち合わせ中」が29.5%という結果になった。利用時間については、58.6%のユーザーが20分未満と回答した。
調査の詳細はこちら
http://www.spireinc.jp/news/pdf/20100308.pdf
株式会社スパイア
http://www.spireinc.jp/
株式会社シーエー・モバイル
http://www.camobile.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.