生中継放送も3Dで、ソニー・ヨーロッパらが3D中継車を開発

 

Sony Professional Europeが、イギリスの衛星放送会社の大手British Sky Broadcasting(以下BSkyB)と放送技術製作を手掛けるTelegenic社と共同で3D中継車「3D Outside Broadcast (OB) trucks」を開発したと発表した。3D中継車の開発は世界初の試みで、ソニーではこの3D中継車により4月から3D生放送に向けた取り組みを行うとのこと。


この3D中継車は、Telegenic社の開発チームとソニーのProfessional Servicesチームが共同で開発したもの。マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-1500R」やスイッチャープロセッサー「MVS-8000G」などの機材が搭載されているという。
尚、BSkyBは昨年8月に2010年より一般家庭に向けて3Dテレビ放送を行うと発表している。
プレスリリースはこちら
http://85.133.72.79/content/detail.aspx?NewsAreaId=2&ReleaseID=5571
関連記事:
イギリスの衛星放送、2010年から3D立体テレビ放送を開始
【CEATEC JAPAN 2009レポート】CEATEC2009は3Dだらけ!(立体視の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.