米サンマイクロシステムズの3D仮想空間「Project Wonderland」終了…でも復活

 

Project Wonderland Capabilities from Nicole Yankelovich on Vimeo.

米サンマイクロシステムズが開発した3D仮想空間「Project Wonderland」が、サンマイクロ社内では終了したものの主要開発チームが独自に運営を続けることで存続することが明らかになった。


「Project Wonderland」は、お互い離れた場所で勤務しているスタッフや在宅勤務のスタッフ、違う部署のスタッフ同士がビジネスコラボレーションをするための仮想空間。ユーザーはボイスチャットで話し合うことができ、ウェブブラウザや文書、画像、音声などさまざまなデータを空間内で共有することができるほか、外部の3DCGソフトで製作したオブジェクトデータを持ち込むことも可能な自由度の高さが特徴だった。またオープンソース化されており外部の開発者もコミュニティに参加することが可能で、タイや中国の大学生を対象とした仮想空間構築コンペにも使用された。しかし公式ブログにてサンマイクロ社内の開発リソースが既にProject Wonderlandに割かれていない旨を発表。今後はProject Wonderlandの主要開発チームが独自に運営を続行していくとのことで、現在コミュニティに参加し運営を援助してくれる開発者を募っている。
Project Wonderland
http://www.projectwonderland.com/
Project Wonderlandの記事をまとめてチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.