ダブリン大学ら、3D仮想空間を使用した学習システム構築のため協業

   2013/03/24

アイルランドのダブリン大学National Digital Research Centre(NDRC)、セカンドライフとQwaqを中心に活動する仮想空間ディベロッパーのV Risingが、仮想空間を使用した学習システム「V-Learning」の開発のため協業すると発表した。

V Risingではこれまでアイルランドの企業・団体のセカンドライフ参入を手掛けており、これまで銀行や政府機関、展示会の開催などのオペレーションやオブジェクト・スクリプト製作などを行ってきた。 今後両社及びダブリン大学では、3D仮想空間を使用した学習システムやデータベース、企業向けの研修・トレーニングシステムの構築で協力していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket