セカンドライフでガンジーが甦る

   2013/03/23

セカンドライフでガンジーが甦る

セカンドライフでアート活動を行っているJoseph DeLappeさんが、セカンドライフアバターをカスタムし”インド独立の父”ガンジーのアバターを作成した。現在、DeLappeさんは1930年5月5日~1931年1月26日まで続いたイギリスによるガンジーの投獄を再現展示している。

DeLappeさんは2008年と2009年にもアメリカのイラク戦争に反対する活動として、ガンジーが1930年にイギリスの塩税に抗議して行った「塩の行進」をセカンドライフ内で再現するパフォーマンスを行った。今年はその「塩の行進」のために投獄されたガンジーの姿をアート活動のSIM「Odyssey」内の一角に再現。基本的にガンジーアバターはログインしたまま”放置”されている状態だが、時折”中の人”がいる状態となり、来場者と会話したり反戦メッセージを込めた詩を朗読したりする。また1月26日には戦争と帝国主義に反対するライブイベント「gg hootenanny」も実施する。

展示場所へテレポート:
http://slurl.com/secondlife/Odyssey/78/10/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket