ARでドラえもんを探せ!東急ら、ARを利用した映画のプロモ実験を実施

 

ARでドラえもんを探せ!東急ら、ARを利用した映画のプロモ実験を実施
東京急行電鉄とNEC、国立情報学研究所、東急エージェンシーが、共同で、AR(オーギュメンテッドリアリティ:拡張現実)を利用したアニメ・映画のプロモーション実験を渋谷で実施する。


同実験で利用されるのは、アニメ作品「電脳コイル」と2010年3月公開予定の映画「ドラえもんのび太の人魚大海戦」。ユーザーは既に11月より実証実験が行われているiPhone向けARアプリ「pin@clip ピナクリ」を使い、渋谷の街中に隠された2作品に関するアイテムを探し出す。電脳コイルのプロモーションではアイテムを集めたユーザー先着100名に食事券が贈られ、ドラえもんのプロモーションではアイテムのある場所に行くと映画の予告編が視聴できる。実験期間は電脳コイルが12月26日~2010年1月24日までで、ドラえもんが2010年2月1日~3月10日まで。
pin@cilp ピナクリ
http://pinaclip.jp/
電脳コイル
http://www.tokuma.co.jp/coil/
ドラえもんのび太の人魚大海戦
http://doraeiga.com/2010/index.html
関連記事:
ARアプリ「pin@cilp ピナクリ」の実証実験を渋谷にて開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.