ニューオーリンズの子供たちに雪をプレゼントするARゲーム

   2013/03/17

ニューオーリンズの子供たちに雪をプレゼントするARゲーム

インタラクティブ・エージェンシーのRosetta Agencyが、”舌で雪を捕まえる”AR(オーギュメンテッドリアリティ:拡張現実)ゲームが付いた”ホリデーカード”「Snow Day by Rosetta Agency」をリリースした。

同社では12月15日にクライアントに対し、Webカメラに自分の顔を映すと画面上に雪が降り出し、その雪の結晶を自分の”舌”を使って捕まえる顔認識技術を応用したARゲームを添付したメールを送信した。これは一種のチャリティプログラムでもあり、このゲームをプレイした人々が合計100万片の雪の結晶を捕まえると、Rosetta Agencyがプレイヤーに代わってニューオーリンズの子供たちに雪を体験させるイベント「Snow Day」に寄付を行う。
ゲームは下記ページからもプレイできるようになっている。

Snow Day by Rosetta Agency
http://holiday.rosetta.com/snowday/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket