App Store、提供アプリ10万本突破

   2013/01/29

米Appleが、App Store(アップ・ストア)で提供されているアプリケーション数が10万本を突破したと発表した。App Storeのユーザーはこれまでに20億本を超えるアプリをダウンロードしているという。

App Storeは世界最大のアプリケーションストアで、現在iPhoneとiPod touch用に様々なアプリを提供しており、世界77か国のiPhoneとiPod touchユーザーは、ゲーム、ビジネス、ニュース、スポーツ、健康&フィットネス、レファレンス、旅行など計20のカテゴリーの中から好きなアプリを購入することができる(アプリによっては全ての地域で利用できない場合あり) 。
尚、同社では先月iPhone OS 3.0の新機能として、無料アプリ内課金決済システム「In App Purchase」を実装。このためアプリユーザーはコンテンツの購入・購読及び各種デジタルサービスをアプリの中から直接選んで行なえるようになった。
今回の提供アプリ10万本突破に際し、Appleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラー氏は「10万本以上のアプリケーションが揃ったApp Storeは、世界中に何百万人もいるiPhone及びiPod touchのお客様にとって明らかに他との大きな差別化要因となっています。iPhone SDKはモバイルアプリケーションのための初めての卓越したプラットフォームを創り出しました。私たちのお客様はデベロッパが作っているすばらしい Appsのすべてを気に入ってくださっています。」とコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket