mixiアプリ「サンシャイン牧場」、一部ユーザーの個人情報が3日間閲覧可能に

 

mixiアプリ「サンシャイン牧場」、一部ユーザーの個人情報が3日間閲覧可能に
SNS「mixi」上で提供されているソーシャルゲーム「サンシャイン牧場」の課金システムに不具合があり、クレジットカードでの課金を利用した約4200人分のメールアドレスと電話番号が外部から閲覧できる状態になっていた。


「サンシャイン牧場」は、中国・北京に拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーのRekoo Media Ltd.が開発・提供する”農業ゲーム”で、mixiだけでなく中国のSNS「51.com」など複数のソーシャルプラットフォーム上で展開している。ユーザーはショップで農作物の種や家畜を買って自分の農場で育てることができ、現在約230万人のmixiユーザーがプレイしている。同ゲームでは10月月21日20:30からクレジットカードで仮想通貨「Kコイン」が購入できる課金システムを導入したが、その直後から決済したにも関わらずKコインがチャージされないなどの不具合が発生し、約80人が購入したKコイン約38万円分がゲームに反映されていないことが判明。さらに10月21~23日までの期間にクレジットカード決済をしたユーザー約4200人のメールアドレスと電話番号が外部から閲覧できる状態になっていた。これらの情報はプログラマーなど特殊な知識を持った人でなければ閲覧できず、今のところmixiに情報が悪用されたという報告は入っていないそうだが、今回の件を受けmixiでは新に外部の課金システムを使用するアプリの別途審査と、mixiアプリ用独自の課金システムの導入を予定しているという。
サンシャイン牧場
http://mixi.jp/view_appli.pl?id=7157
サンシャイン牧場コミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4523467
Rekoo Media Ltd.
http://www.rekoo.com/
関連記事:
MILU、一部ユーザーの個人情報が閲覧可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.