中国のビジネスカレッジ、OpenSimベースの仮想空間に仮想キャンパスを構築

 

中国のビジネスカレッジ、OpenSimベースの仮想空間に仮想キャンパスを構築
中国・浙江省温州市にあるビジネスカレッジの浙江经济职业技术学院が、OpenSimベースの3D仮想空間「3j World」にヴァーチャルキャンパスを構築した。中国国内で作られたヴァーチャルキャンパスの中では最大規模だという。


「3j World」は、同校と同じく浙江省温州市に拠点を置く仮想空間ディベロッパーの三境网络科技有限公司が運営する、OpenSimをベースに構築されたビジネス・コラボレーション利用や教育利用、非営利団体の利用を想定したプラットフォーム。
同校では現実の校舎や設備をほぼそのまま3j World内に再現。その総面積は約65,000平方メートルにもなるとのことで、構築も三境网络科技社が手がけた。今後同校ではこのヴァーチャルキャンパスを授業に取り入れ、学生や講師のコラボレーションの場として利用していくとのこと。
3j World
http://www.3jworld.com/
浙江经济职业技术学院
http://www.zjtie.edu.cn/web/index.asp
関連記事:
中国・湖南省の職業専門学校が3D仮想キャンパスをオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.