セカイカメラが世界へ フランスの博物館が展示会案内にセカイカメラを採用

 

フランス・パリにあるシテ科学産業博物館が、展示会の作品案内にセカイカメラを利用している。


シテ科学産業博物館は、パリのラ・ヴィレット公園にあるヨーロッパ最大級の科学博物館。1986年に開館して以来、500万人以上もの人々が訪れたという。
同博物館では10月6日から展示会「Ma Terre premiere, pour construire demain」を開催しており、その展示物の解説にセカイカメラを活用。iPhoneを持っていない来場者もセカイカメラが体験できるよう、博物館側であらかじめセカイカメラがインストールされたiPhoneを用意して貸し出しているとのこと。iPhoneを場内の展示物にかざすと、動画や手話による展示物の解説が表示される。
セカイカメラのダウンロードはこちらから
http://support.sekaicamera.com/download
シテ科学産業博物館
http://www.cite-sciences.fr/
関連記事:
【ライブレポート】セカイカメラを使用したちょっとシュールな”AR路上ライブ”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.