ニュース

最近の中国は「クォータービュー3D地図」が人気 ”武漢3D地図”オープン

更新日:

最近の中国は「クォータービュー3D地図」が人気 ”武漢3D地図”オープン

最近、中国ではGoogle MapでもGoogle Earthでもなく、従来の航空写真とも違う新たな地図サービス「クォータービュー3D地図」が人気だ。

”クォータービュー”とは斜め上の視点のこと。「クォータービュー3D地図」は2Dの地図よりも建物をイメージしやすく、3Dポリゴンの地図よりもとっつきやすいという「隙間」を狙ったサービスのようで、既に「都市圏」や「E都市」などメジャーになったサービスもある。
しかしこれらのクォータービュー3D地図に使用されている建物のCGは(おそらく)全てクリエイターが一つ一つ描いているらしく、カバーしている地域も上海や北京を中心とした中国の主要都市に限られておりアップデート頻度も遅い。そこで新たに「地域密着型」のクォータービュー3D地図「武汉三维地图」が登場した。
武汉三维地图」はその名のとおり中国の湖北省武漢市に特化した地図。建物をクリックするとその建物の名称や詳細情報が表示されるようになっている。今後は商業施設のCGに広告などを掲載する収益モデルを検討しているという。

-ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.