ニュース 仮想空間

Metaplace、Webページへの埋め込み機能を実装

更新日:

Metaplace,Webページへの埋め込み機能を実装

空間共有プラットフォーム「Metaplace」が、自分が作った空間を外部のサイトやブログ、SNSなどに埋め込める機能を実装した。

Metaplaceは、ユーザーが簡単にFlashベースの仮想空間やゲームを作れるプラットフォーム。簡単なチャットルームからイベント・セミナールーム、カジュアルゲーム、レベル制や仮想通貨を導入した仮想空間まで、ユーザーの工夫次第で様々な空間を作ることができる。
今までは空間の構築もプレイも全てMetaplaceのサイトにログインしなければできなかったが、今回の埋め込み機能の実装により、今後は外部のWebページ上からも自分の空間にログインできるようになった。埋め込み方法はYouTubeやFlickrなどの共有サイトとほぼ同じで、空間ごとに生成されるembedタグをページに貼り付けるだけという簡単なもの。Webページ上から空間にログインしようとすると、別ウィンドウでログイン画面が表示されるようになっている。
ちなみに以下の空間は筆者が適当に作った中世の居酒屋風のチャットルーム。宜しければお試し頂きたい。



-ニュース, 仮想空間
-

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.