「サークルリンクお仕事タウン」、来場者100万人突破

 

「サークルリンクお仕事タウン」、来場者100万人突破
株式会社バンダイナムコゲームスと株式会社東急エージェンシーが、両社が共同運営する小・中学生向けの”お仕事体験”サービス「サークルリンクお仕事タウン」の来場者数が6月7日(日)に100万人を突破したと発表した。


「サークルリンクお仕事タウン」は、3月27日よりサービスを開始した小・中学生が対象のインターネットコンテンツ。自分のアバターをカスタムして、実在する企業が監修した「ゲームクリエイター体験」や「アナリスト体験」などのお仕事体験アトラクション(ミニゲーム)を通して社会や企業の仕組みを体験できるというもの。お仕事をして「コイン」を貯めればアバター用の服を買うこともできる。
現在、アナリスト体験コンテンツ「野村証券キッズアナリスト」や、植林活動を体験することで東芝製品のアバターアイテムがもらえる「東芝の森」、大塚製薬の健康意識啓蒙コンテンツ「カロリーメイト塾」、日本語検定委員会の「子ども検定検定会場」など様々なタイプのコンテンツが用意されている。
サークルリンクお仕事タウン
http://link.channel.or.jp/jobtown/web/servlet/jobtown.TownTop
関連記事:
職業を疑似体験できる小・中学生向け仮想空間「お仕事タウン」オープン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.