米テレビアニメの仮想空間「Zula World」、正式サービスを開始

 

米テレビアニメの仮想空間「Zula World」、正式サービスを開始
アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスのテレビ局KQEDで制作されている3DCGアニメ「Zula Patrol」の仮想空間「Zula World」が正式サービスを開始した。


「Zula World」は5歳以上の子供を対象とした子供向けの3D仮想空間。ユーザーは作品に登場する昆虫型宇宙人のキャラクターを模したアバターをカスタムし、他のユーザーとのコミュニケーションやミニゲームを楽しむ。ワールドの構築にはIBMも協力しているとのことで、ワールド内でクリアな音声と映像を鑑賞することも可能。現在、テレビ放送が終わったエピソードの配信が行われている。
それに加え、正式サービス後は教育的なコンテンツも追加されるとのこと。”宇宙人”をテーマにした作品にちなみ、天文学や科学、数学、物理学などが学べるミニゲームやアトラクションが提供されるという。
基本利用は無料だが、5.99$/1ヵ月、29.99$/6ヵ月、49.99$/12ヵ月のプレミアムアカウントも用意されている。
Zula World
http://zulaworld.com/
関連記事:
米テレビアニメの仮想空間、ワールド内でオンエア放送と同じエピソードを配信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.